資金調達に関する総合情報サイト

>

資金調達のポイントとは?成功させるコツ

資金調達ってなに?

事務所の設立費や、設備・備品費、光熱費など、会社の経営には多くのお金が必要になります。
そんなお金を第三者から出資してもらうことを「資金調達」と言います。
資金調達は、会社の経営を円滑に進めるための、重要な手段の1つです。
資金調達には、会社の経営を円滑に進めることができるというメリットはもちろん、資金調達を行うことで、「この会社は資金調達を成功させた」=「〇〇(出資者や銀行)の信用を獲得することができる会社だ」「返済能力がある」=「安心して出資できる」という社会的価値を得ることができます。
資金調達を成功させるということは、ひとえにお金を得るだけではなく、社会からの信用も獲得できるということなのです。

資金調達は、どんな時にするもの?

会社を始めるとき、起業時に行うものというイメージを持っている方が多いかもしれませんが、実際にはあらゆるシーンで行われます。
資金調達を行う際のシーンとしては、大きく3つ。
まずはじめに、会社を起業する際に行います。
経営のためにはお金が必要不可欠です。
あらかじめ資金のある経営者は、資金調達を行わず自己資金で経営を行いますが、多くの会社では銀行や、自治体、出資者から資金調達を行い、経営をスタートさせます。
もう1つのシーンとしては、事業を拡大する際です。
自社の資金で新規事業開発や事業拡大をやり繰りする会社ももちろんありますが、資金調達を行うことで、事業にあてるお金を増やすことはもちろん、会社の社会的信用を得ることもできます。
さらに、毎月支払う従業員の給与や事務所の家賃などの、会社の運転費用のためにも、資金調達を行います。


この記事をシェアする