資金調達をしてもらうには会社の将来性を伝えることが大切

資金調達に関する総合情報サイト

資金調達ってどういう時にするもの?基礎知識を学ぼう

会社を起業したいとき、経営している会社の運転資金を増やしたいとき、事業拡大のために資金が必要なときなど、会社を経営する上で重要な「資金調達」。

資金調達の目的は、会社の事業フェーズによって様々ですが、誰しもが簡単に資金を得られるわけではありません。
銀行からの融資を受ける場合には、厳しい審査が必要となりますし、地方自治体や国から補助金を受ける場合は「自社の事業は社会的に価値があるものである」とアピールしなければなりません。
なかにはそういった活動が実を結ばず、せっかく会社を立ち上げたにもかかわらず、資金調達に失敗し他ことが原因で経営が傾いてしまうこともあります。

そんな資金調達を成功させるための一番のポイントは、ずばり「事業計画書」です。
資金調達成功のためには、「事業計画書」を具体的に作成し、会社の将来性を明確に相手側に伝える必要があります。

資金調達がうまくいかない際には、まず事業計画書の見直しを行いましょう。
事業計画書作成の際は、自社事業を客観視してみることも大切です。
1人で抱え込まず、起業家のためのセミナーや、資金調達に関する相談窓口などに足を運んでみるのも一つの手です。

また、事業計画書作成以前に、資金調達成功のためには、自社に合った資金調達先や、資金調達方法を選ぶことがポイントです。
そのためには、資金調達に関する基礎知識が必要不可欠ですので、情報をしっかりとキャッチアップしてから事業計画書の作成に取り掛かりましょう。